お金の持っていき方 組み合わせ 現金

現金

現金を用意する方法としては、日本円現金と外貨現金の2通りがあります。

 

日本円現金の場合は、日本円を留学先に持って行き、留学先の海外の銀行や両替所で現地の外貨に両替することになります。事前準備の必要がなく、手間が掛からないというメリットがあります。

 

また、外貨は日本国内よりも現地で両替したほうがレートが良い場合が多いので、日本円を持っていく、というのはそういう意味でお勧めです。ただし、現地に到着した時点で、現地通貨のお金が無い状態なので、どこかの時点で両替を済ますまで、気持ち的に若干不安というか、落ち着かないということはあるかと思います。

 

外貨現金を持参する場合ですが、この場合は出発前の段階で日本国内のどこかの銀行で外貨に両替しておくことになります。その方法としては、事前に街の銀行の支店で両替しておくか、もしくは成田空港や関西交際空港の銀行窓口や両替所で両替する方法とがあります。

 

日本国内の銀行の支店で両替を事前に済ましておくと、出発当日にバタバタせずに済むため、お子さんとしても安心かとは思います。ただ外貨両替を受け付けている支店は限られていますので、お住まいの地域によっては不便かもしれません。通貨によっては、取扱いの支店がさらに限られてくる場合がありますので、現実的でない場合もあります。

 

空港の銀行や両替所で両替をする方法ですが、街の銀行よりも空港の窓口は為替レートが悪いと思っている方もいるようですが、実は基本的にはレートは同じです。ただし、銀行によってのレートの違いはあります(三井住友銀行やみずほ銀行、三菱東京UFJ銀行など銀行によってレートが違う場合があるという意味です)。

 

お子さんに外貨を持っていかせたいとお考えの場合、出発前に空港で時間が取れるのであれば、空港内の銀行で両替をさせたほうが、事前に街の銀行で両替をしておくよりも、実質的には手間が少ないかと思います。もし万が一、出発前の空港で両替をする時間がなくなってしまった場合には、留学先に到着してから、現地で両替すればいい、と思っておけば、気持ち的にも焦りと心配はあまりなくなるかと思います。

 

外貨両替ができる場所

日本円を外貨に両替できる各銀行の支店は非常に限られています。以下に5つの銀行の、外貨両替対応可能な支店情報のリンクを掲載しておきます。

 

三井住友銀行
外貨両替コーナー

 

東京三菱UFJ銀行
外貨両替専門コーナー

 

みずほ銀行
外貨両替ショップ

 

りそな銀行
外貨両替店舗

 

ゆうちょ銀行
外貨両替・トラベラーズチェック取扱店(局)の検索

 

 

また、最近では「外貨宅配サービス」を実施している銀行もあります。手数料も掛かりますが、近くに外貨両替所が無い人も多いでしょうから、事前に外貨に両替しておきたい場合には、便利なサービスかと思います。

 

銀行
三井住友銀行、りそな銀行、ゆうちょ銀行、ソニー銀行、ジャパンネット銀行など

 

銀行以外
トラベレックス、大黒屋など

現金関連ページ

海外専用プリペイドカード
海外にお金を持っていく際は、いくつかの方法を組み合わせることがお薦めなのですが、その際の海外専用プリペイドカードは、どの年齢でも利用することができる方法なので、とても便利です。