留学先での両替 結論

留学先へのお金の持っていき方のまとめ

お子さんが留学先にお金を持っていく方法については、当サイト内でお伝えした通りとなります。あと大切なことは、ご両親であるあなたとお子さんとの間で、お金の予算、お金の使い方について、しっかりとした約束事を作っておくことです。

 

海外専用プリペイドカードであれば、お子さんがお金を使った(引き出した)履歴をオンラインでご両親が確認することも可能です。

 

お金については、親が確認するのか、どの程度の頻度で確認するか、もしくは子供にまかせるので、一切親は確認しないか。これは各ご家庭によって違ってくるかと思います。

 

いずれにしましても、万が一の不正利用等に備えて、いざとなれば親が履歴を確認できることは安心です。あとは、複数の手段でお金を持っていくことになりますので、それぞれ、幾らずつにするのが適当であるか等の話合いもされて下さい。

 

学生時代に留学経験をすることはお子さんにとっての生涯の財産となるでしょう。語学の向上だけでなく、海外で生活するとはどういうことかを、この年代で経験しておくことは、将来必ず活きてくることかと思います。

 

お子さんご自身も楽しい経験と共に、日本での日常生活では経験しないような苦労もするかもしれませんが、それも含めて貴重な経験となるでしょう。

 

留学をすることを決めたお子さんの決断と共に、その気持ちをサポートすることを決めたご両親であるあなたのご決断にも大きな敬意を表したい気持ちでいっぱいです。

 

当サイトでは、あなたのお子さんの海外留学へのお金の持っていき方について、ご説明させて頂きました。少しでもお役に立てたならば幸いに存じます。

 

お子さんの留学先での両替方法(お金の持っていき方)としては、海外専用プリペイドカードが便利ですし作るのも簡単です。中高生のおこさんでも作ることができるのがメリットでもあります。

 

中学生までであれば、年齢制限がない、キャッシュパスポートがいいでしょう。高校生・大学生であれば、16歳以上で審査なしに作ることができる Manepa Card(マネパカード)がおすすめかと思います。