海外留学 お金の持っていき方 年齢

お子さんが何歳か

お金の海外への持っていき方を考える場合、子供の年齢について考慮する必要があるかと思います。年齢によって取れない手段もありますし、ご両親として、お子さんに年齢によって、避けたい方法等もあるかもしれません。

 

まず、お子さんが大学生以上の場合は、お金の持っていき方の選択肢は豊富です。クレジットカードも作れますし、現地で銀行口座を開設することも難しくないでしょう。

 

もちろん、海外専用プリペイドカードやVISAデビットカードなどでもいいですし、全ての選択肢の中から選ぶことが可能です。あとは、親であるあなたの意見として、クレジットカードは使い過ぎ防止のために持たせない、等の判断が加わってくるかもしれません。

 

お子さんが中学生・高校生以下の場合は、いろいろと制約が生じます。中高生はクレジットカードは作れませんし、中学生はVISAデビットカードも無理です。そんなときに便利なのが、トラベルマネーカードなどともよばれている海外専用プリペイドカードです。

 

海外専用プリペイドカードの、ほとんどの種類のカードは年齢に関係なく作ることが出来ます。子供さんが中高生以下の場合の手段として、現金との併用してでも利用価値が高いのではないでしょうか。

 

お子さんが大学生以上で、なおかつお金の管理もしっかりとできるようであれば、クレジットカードもいいでしょう。そうでなければ、親がある程度、管理・監視できるような方法がいいかもしれません。

 

いずれにしましても、お子さんの年齢によって、準備できる方法が異なってもきますので、よくお子さんと相談してお決め下さい。

 

子供の年齢関連ページ

安全性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
利便性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
留学期間
子供の留学期間によって、現地にお金を持っていく方法の選択もかわってきます。どのような方法がベターなのか、一緒に見て参りましょう。
管理
子供の留学中の滞在資金の管理は、お子さんと事前にしっかりと話し合っておいて下さい。留学中も必要に応じた見直しも時には必要です。