海外留学 お金の持っていき方 利便性

利便性はどうか

便利さから言えば、現地通貨の現金が、一番どこででも使える支払い方法になります。

 

現地での注意点としては、海外はカード社会のところが多いので、そういうところでは大きな額の紙幣(日本でいう1万円札のような)は、小さなお店では好まれない場合もあります。(日本でいう千円札のような)あまり大きくない額の紙幣の方を持ち歩いたほうがいいでしょう。

 

お子さんにカード類を持たせておけば、現地のATMで現地通貨を引き出すことができますので、カードさえあれば現金も用意できることになります。もちろん、お伝えしましたとおり、海外はカード社会のところが多いので、カードでも支払いもほとんどのところでできます。小さな額のお買い物であってもカード支払いで大丈夫なところがほとんどどです。

 

カードが使えない例外としては、語学学校で実施する週末アクティビティの支払いは、現金でないとだめとうような場合もあります。あと、お子さんが現地銀行の口座を開設した場合は、現地銀行のバンクカードが使えるようになります。お店での支払いにも使えますし、ATMからお金を卸すこともできます。現地の人達と同じ方法でお金を使うことができますので、便利かと思います。ただし短期留学などの場合には、現地の銀行口座は開設できない場合もあります。

 

留学先についてすぐの利便性を考えた場合、小額の現地通貨を若干持っていると便利かもしれません。到着してすぐにATMでお金を引き出す時間があればいいですが、そのような時間がすぐに取れない場合、それまで現地のお金が一切ないことになってしまいます。

 

そのようなことを考慮した場合、日本の空港(成田空港なり関西国際空港)で、日本円から小額の現地通貨に両替を済ませておくというのも、ひとつの方法です。そうしておけば、到着時に安心ということもあります。

 

利便性関連ページ

安全性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
子供の年齢
海外にお金を持っていく方法としては、子供の年齢によっても変わってくるかもしれません。こちらのページを参考にして、お子さんともよく話合ってからお決め下さい。
留学期間
子供の留学期間によって、現地にお金を持っていく方法の選択もかわってきます。どのような方法がベターなのか、一緒に見て参りましょう。
管理
子供の留学中の滞在資金の管理は、お子さんと事前にしっかりと話し合っておいて下さい。留学中も必要に応じた見直しも時には必要です。