海外留学 お金の持っていき方 留学期間

留学の期間はどうか

お子さんの留学期間が、たとえば2週間なのか、3ヶ月なのか、1年なのか、などによって、お金を持っていく方法も変わってくるかと思います。

 

たとえば、学校の研修などで行く、2週間程度から1ヶ月程度の短期グループ留学の場合は、海外で銀行口座が開設できない場合がほとんどです。期間が短すぎるために、銀行側も口座開設を受け付けなかったり、そもそもこちら側としてもメリットはあまりありません。

 

留学先の国に口座がないとなりますと、お金を送金することはできませんから、したがって海外送金という選択はなくなります。

 

このような短期留学の場合は、現金とカード類の組み合わせということになります。期間が短ければ、あまりお金を使うことも少ないということで、小額の現金のみという選択もありますが、何かあった場合に現金は心配です。バックアッププラントしてカード類も持って行って、2通りの方法が取れるようにしておくことをおすすめします。

 

3ヶ月以上、半年以上、さらには1年以上といった中長期留学となると、いざという時に備える重要度も増します。現地滞在で必要となってくる金額の合計もおのずと大きくなってきます。

 

滞在が長ければ、不測の事態が起こる可能性も高まります。できれば、3通りくらいの方法でお金を持っていくことを考くといいでhそう。

 

また、VISAデビットカードや海外専用プリペイドカードを利用する場合には、留学期間で必要となるお金を渡航前に全部入金してしまうのではなく、必要に応じて、定期的に親であるあなたが入金する方法を取ることをおすすめします。

 

お子さんが使うお金の管理もしやすいですし、万が一カードを紛失したなどという場合のリスク低減にもなります。

 

お子さんの留学期間によって、お金の準備方法も変わってくるかと思います。お子さんが現地でスムーズな留学生活が送れるよう、親御様としてもできるかぎりサポートしてあげたいですね。

 

留学期間関連ページ

安全性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
利便性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
子供の年齢
海外にお金を持っていく方法としては、子供の年齢によっても変わってくるかもしれません。こちらのページを参考にして、お子さんともよく話合ってからお決め下さい。
管理
子供の留学中の滞在資金の管理は、お子さんと事前にしっかりと話し合っておいて下さい。留学中も必要に応じた見直しも時には必要です。