海外留学 お金の持っていき方 管理方法

親としての管理しやすいか

まだ経済的の親に依存している年齢のお子さんの留学の場合、お金の管理を全面的にお子さんにまかすというわけにはいかない場合もあるかと思います。そのような場合、ご両親であるあなたがお子さんのお金の使い方のペース等をあるていど管理する必要も生じるでしょう。

 

現金を持たせた場合、お子さんがどのようにお金を使っているかはわかりません。もちろん、持参金額が小額であればさほど気にしなくてもいいかもしれませんが、現地で使うお金のほどんどを現金で持たせた場合は、親としても心配かと思います。

 

クレジットカードの場合は、カードの利用状況を把握することは可能ではありますが、クレジット枠、キャッシング枠であれば、使い放題なので、気が付いたらお子さんがお金を使い過ぎているといったこともありえます。

 

その点、VISAでビットカードや海外専用プリペイドカードであれば、口座残高分までしかお金を使うことができませんので、安心です。

 

例えば、1ヶ月に使えるお金はいくらまで、と親子間で事前に決めておいて、1ヶ月毎に口座にお金をその額のお金を振り込んで、現地でお子さんが使う、というようなことも可能です。

 

いずれにしましても、渡航前に親子でお金については十分に話し合っておいて下さい。

 

留学という機会を通して、子供にお金の使い方の責任と自主性を教えることも良いとは思います。ただし、その場合には、あまり口出しはしないにしても、定期的に口座チェックするなどして、状況を常に把握しておく必要はあるでしょう。

 

管理関連ページ

安全性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
利便性
お子さんが海外にお金を持っていく方法を検討する際には、安全性について事前によく考えておく必要があります。
子供の年齢
海外にお金を持っていく方法としては、子供の年齢によっても変わってくるかもしれません。こちらのページを参考にして、お子さんともよく話合ってからお決め下さい。
留学期間
子供の留学期間によって、現地にお金を持っていく方法の選択もかわってきます。どのような方法がベターなのか、一緒に見て参りましょう。