留学 お金の持っていき方 カード

4種類のカード

現代の世の中はカード時代。特に海外では、日本ほど現金を持ち歩く習慣はなく、その分どこででもカードが使える環境にあります。カードとひとくちに言っても、最近ではクレジットカード以外にも複数の種類のカードがあります。クレジットカードは、18歳以上でないと作ることができませんが、その他のカードは、高校生、もしくは中学生でも持つことができる種類のカードがあります。以下をご参考ください。

 

クレジットカード

留学するお子さんが中学生や高校生の場合は未だクレジットカードが作れませんので対象外となります。あなたのお子さんが大学生などで、18歳以上、なおかつカードの与信審査に通ればクレジットカードが作れます。

 

クレジットカードは、海外でショッピングする際にとてもに便利です。また、カードで現地の外貨を引き出すということも可能です。学生さんの場合は、与信枠も小さいので、多くの場合、5万円くらいまでか、おおくても10万円といったことが多いでしょう。

 

クレジットカードでお金を引き出せるのは便利ではありますが、あくまでもキャッシングですので、年利18%程度の返済利子が発生することは注意する必要があります。

 

国際キャッシュカード

海外のATMでお金を卸すことがきる銀行のカードです。便利ではあるのですが、現在では取り扱っている銀行が減少し、新生銀行とシティバンクくらいしかありません。

 

VISAデビットカード

中学生は作ることができませんが、高校生以上であれば作ることができます。銀行によって、15歳以上だったり、16歳以上だったりします(但し、15歳でも中学生は不可)。

 

通常のクレジットカードと違って、カードを使ったその時点で、銀行口座からお金が引かれていきます。銀行残高分しか使えないので、お子さんが現地でお金を使い過ぎるというようなことも防げます。

 

ショッピングにも、現地のATMで外貨を引き出すこともできるので便利なカードと言えます。残高が減ったら、親御さんが日本の銀行にお金を振り込んであげれば大丈夫です。

 

海外専用プリペイドカード

13歳以上ならば作れるカード、年齢制限が一切ないカードもあり、中学生・高校生・大学生のいずれもが持つことができるカードとなります。与信審査はありませんので、誰でも作ることができます。

 

VISA系、MasterCard系があり、いずれもクレジットカードと同じような感覚で使用することが可能です。ただし、海外でのみ使用できるというカードです。

 

カード口座残高分のみ、現地でショッピングができたり、お金の引き出しができるので、使い過ぎがなく、また必要時に、ご両親が口座にお金を振り込むことができる点はVISAデビットカードに似ています。VISAデビットカードとの一番の大きな違いは、年齢に関係なく誰でも簡単な手続きでカードが作れるという点です。