留学 支出 緊急時 病気

留学先でのお金の使い道 〜特別・緊急時〜

日常生活以外においても、特別なシチュエーションや緊急時の特別なお金というのも、発生してきます。これらの予算もあらかじめ考慮しておいたほうがいいですね。

 

 

医療費

留学の行く際には、海外旅行保険に必ず加入することになるかとは思います。留学先で具合が悪くなったときには、保険会社指定の現地の医療機関に行けば、現地で一切支払いをせずに診断・治療を受けることができる場合もありますが、多くの場合は、いったん現地では支払いをして、その後保険請求をして、払い戻しを受けるというケースが多いでしょう。従いまして、現地で支払いをするための、医療費というのも考慮しておく必要があります。一般的に、医療費は、現地の人よりも高額であることが多いので、注意が必要です(逆のケースで、日本で健康保険未加入の人が医療サービスを受けることを想像してもらえればわかるかと思います)。

 

旅行代

せっかくの海外なので、その国の観光地を訪れるというのもいいアイデアです。留学期間中の週末を利用しての日帰り、もしくは泊りがけの旅行で、その国をより知っておくと、留学先での想い出もさらに増えていいですね。中高生の場合は、学校で企画された旅行やホームステイにすべきですが、大学生でしたら、お友達と一緒に旅行してもいいですし、安全面さえしっかりと考慮されたものであれば一人旅も悪くありません。ひとりで旅というには、実は、旅先での出会いはずっと広がるものです。実践英会話練習のよい機会にもなります。

 

お土産代

やはり留学生活の最後はこれですね。お子さん自身のお土産、そしてお友達や、きっとご両親であるあなたへのお土産も考えてくれているかもしれません。留学生活の一番最後の支出となるお土産代をきちんと残すように、留学中のお金の管理をする必要がありますね。

 

緊急時の費用

上記の支出以外に、緊急時のお金というのも考えておく必要があります。現地で思っていなかったような病気になった、怪我をする、というようなことも考えられます。海外旅行保険でカバーされるでしょうが、現地でとりあえず医療機関に払わなくてはならないお金が必要になったりします。日本から持参した所持品をなくして、現地で買いなおさなければならないケースも発生するかもしれません。また、持参した現金をなくして、所持金がなくなってしまうというような緊急事態が発生しないとも限りません。パスポートを盗まれて、渡航先の大使館・領事館でのパスポートの再発行費用が必要となるケースも考えられます。このような事態に、どうするかということも事前に考えておく必要があります。